calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

ブログ村

人気ブログランキング

人気ブログランキングへ

FOLLOW ME

        

recent comment

recent trackback

すいかグルメ!について。

当ブログではエスニック料理店を中心に世界の料理を紹介しています。中華料理も日本料理もエスニック料理だ!という強引な記事もありますが、気楽に楽しんでいただければ幸いです。

■すいかグルメTwitter
https://twitter.com/suika_gourmet

■店舗のご紹介・閉店情報など教えて頂けると助かります。
http://suikacube.jp/?page_id=295


当ブログの運営はSuika Cube Inc.が行っています。
■自由な発想でデジタルコンテンツをプロデュース | Suika Cube Inc.

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2015.11.06 Friday
  • -
  • -
  • -

レバノン料理:馬喰町ART+EAT
☞馬喰町


問屋街の一角にあるリノベーションギャラリーカフェ『馬喰町ART+EAT(アートイート)
 

旧いビルをリノベーションした店内には、クラフト系のアイテムがびっしり、机も美しい木製のものでお店自体がアートギャラリーになっています。

レバノン風ビーフストロガノフ

レバノンのビーフストロガノフは白い?らしい。
なんともまったりほっとする味です。

タブリ

レバノンのパセリサラダ、タブリ。パセリだけにクセはありますが、実に美味しい。
パセリなんて・・・という人にも一度食べてもらいたい料理です。

ピリピリ


モザンビークの唐辛子ソース、ピリピリ。かなり辛いけど美味しい。ドキドキちょっとなめてみたりして。

雰囲気抜群のクラフトギャラリーがメインですが、カフェ飯としては面白いレバノン風料理。特にタブリはぜひ食べてもらいです。



テーマ:世界料理めぐり

ペルシャ・トルコ料理:ザクロ
☞日暮里


和風で古風な商店街が人気の谷根千エリアに突如現れる遊牧民のテント。それが、ペルシャ(イラン)・トルコ・ウズベキスタン料理の店「ザクロ」です。
客煽りで有名な名物店長と、途切れずにどんどん出てくるコースメニュー「食べきれないコース」が特徴です。
あまりにも続けて出てくるので、うまく撮影できなかったメニューもありますが、その一部を紹介します。

レンズ豆のスープ。
IMG_0380.JPG
レンズ豆はこの地域の原産で、カメラの「レンズ」はこの豆のくぼみ具合に似ているから命名されたそうです。


キーマカレー(トマト風味)。
IMG_0377.JPG
キーマとはひき肉のこと。インドのキーマカレーとの違いはトマトベースによる酸っぱさです。イラン料理の一つの特徴はトマトの酸っぱさにあります。


チキンソーセージー煮込み。
IMG_0379.JPG
素朴な味です。


主食はナンです。
IMG_0382.JPG
大きいです。


ペルシャサラダ。
IMG_0381.JPG
大きなトマト。


ナスのひき肉詰め物。
IMG_0391.JPG
ナスも中東〜ギリシャでよく使われる食材です。


正統派のローストチキンレッグ。
IMG_0392.JPG
柔らかくて美味しい。


チーズ入りクレープ?
IMG_0385.JPG
この料理だけなにかわかりません。


パイ生地のヤギのチーズ包み。
IMG_0394.JPG
ヤギのチーズは臭いと言われますが、元々臭いのではなく臭いを吸収しやすい性質であるとか、このチーズはずいぶん食べやすかったので丁寧に作られたものだと思います。


ラムのケバブ。
IMG_0387.JPG
スパイシーです。


トルコ風マカロニ。
IMG_0397.JPG
写りが悪くてすいません。


なんと羊の脳みそ。
IMG_0384.JPG
白子やレバーに似た風味ですがさっくりしていて淡白です。


スペシャルメニュー「らくだの肉」。

くさみもなく非常にスパイシーで美味しく仕上がっていました。


当日は、ベリーダンスのショーもあり、店長も常に騒ぎっぱなしの方で非常に盛り上がっていました。食べ物もどんどん出てくるので、お腹いっぱい食べられることうけ合いです。
静かにゆっくり食べたいときにはあまりオススメ出来ませんが。
(そういう方はこちらへ→ペルシャン・ダルビッシュ
みんなでワイワイ楽しく食事するならうってつけのお店と思います。
(店長さんは騒がしい方ですが、絡んでほしくなさそうな人は見逃してくれる優しくて空気の読める方です)

☆本日のメニュー
食べきれないコース 2,000円(+テーブルチャージ500円)



大きな地図で見る


テーマ:世界料理めぐり
 

トルコ料理:アラトゥルカ青山
☞表参道

 
IMG_0256.JPG
表参道のトルコ料理店「アラトゥルカ青山」です。
ケバブスタンドが増えてかなり一般的になってきたトルコ料理です。

IMG_0246.JPG
ランチビュッフェで前菜を盛ってみました。あまりビュッフェの種類はなし。
上にあるのがエクメックというトルコのピタパン。下の方は豆系の前菜ですが、味は酸っぱいのが特徴。


IMG_0250.JPG
メインディッシュは米ナスのひき肉詰めトマトソース。
ひき肉の下味はトルコ料理らしくケバブと同じ、ナズ詰めやピーマン詰めとひき肉は鉄板の料理ですが、肉の味付けがトルコ風でもやはりあいます。トマトソースの酸味が強いのも特徴。ちなみに、メインディッシュは日替わり3種で、おなじみのケバブもあります。

昼なのでランチビュッフェでしたが、あまりビュッフェ自体は充実していませんでした。(スープは美味しかったですが)
メインディッシュはあまりきつい味付けではないので、トルコ料理を初めてという人にもオススメです。夜のメニューにはこの店の名物らしい「壺ケバブ」があるらしいので、今度は夜に訪ねてみたいですね。

☆本日のメニュー
ランチビュッフェ 1000円



大きな地図で見る

レバノン料理:
シンドバッド
☞新宿

IMG_1151.jpg
新宿スパイスロード内のお店、レバノン料理店の「シンドバッド」です。
スパイスロード内にはインドネシア料理やインド料理などもあり、
いろんな国の料理を楽しみたい人にはおすすめのスポットです。

中近東の料理ではではおなじみのホンムス(フムス)
IMG_1156.JPG
ひよこ豆の白ごまペースト。さっぱりした味でピタパンにつけて召し上がれ。

シンドバッドカバブ
IMG_1158.JPG
チキンのカバブ。名前から見るとこの店のオリジナル!?
肉はスパイシーで油っこくなくヘルシーです。

クスクス・バフリ
IMG_1161.JPG
シーフードたっぷりのトマトソース(左)をクスクス(右)にたっぷりかけます。
スパイシーかつ旨みもたっぷりで最高。

コライデス
IMG_1167.JPG
ピリ辛の海老入りバターライス。シンプルな味でクドクなくうまい。
エビも大きいし!

レバノン料理は中近東の中でも旧宗主国のフランスの影響が強く、
最も洗練されているそうですが、ここの料理も結構あっさりして食べやすい。
なおかつスパイシー!
中近東系の料理はケバブが有名ですが、普通に食べやすい料理が多いので
おすすめできます。食のバリエーションも広がりますよ!
また、野菜料理の充実もレバノン料理の特徴の一つで、ベジタリアン向けのメニューなども
ありますので、ベジタリアンや野菜好きの人にもおすすめ。


☆本日のメニュー
ホンムス 730円
シンドバッドカバブx2 1050円
クスクス・バフリ  1100円
コライデス  1100円


大きな地図で見る

トルコ料理:
ウスキュダル
☞新宿

世界三大料理といえば?
まずはフランス料理、そして中華料理、もう一つは?
それがこのトルコ料理です。

トルコ料理はあまり日本では有名じゃないんですが、最近はケバブのスタンドも増えて、お祭りの屋台などでもよく見かけるようになりました。

本日紹介するのは新宿のトルコ料理店「ウスキュダル」です。


前菜のヒヨコ豆のペースト「フムス」。

これをピタパン(エキメッキ)につけて食べます。すっきりした味。

吊るした肉を回転させながら焼くトルコ料理の代表格「ドネルケバブ」。

スパイシーでとっても美味しい

トルコ料理は基本的に美味しいのですが、食べ馴れていないと口に合わないかな〜という料理もあります。たとえば塩ヨーグルトドリンクの「アイラン」や、ほうれん草とヨーグルトのペーストなどなど。

でも普段あまり食べ馴れないものから新しい美味しいものを見つけ出していくのが、世界料理めぐりの醍醐味なんですよねー。

お勧め:
世界料理中級者向け


テーマ:世界料理めぐり

大きな地図で見る

イスラエル料理:
シャマイム
☞江古田

今日は江古田にあるイスラエル料理のシャマイムです。

青を基調に統一された綺麗な店内。星のモチーフがステキです。


2100円で食べ放題のお得なメニューをオーダーしました。
まずはヒヨコ豆のペースト「フムス」。

野菜やスパイスの小皿が豊富です。

イスラエル料理といえば、ヒヨコ豆のコロッケ「ファラフェル」。


「カバブのセットとサフランライス」。焼き立てで肉汁がたっぷり!


イスラエル料理では、これらのものをピタパンにはさんだりして食べます。すべての料理が食べ放題なので、好きなだけケバブを食べられますよ。まあ実際は、最初に出てきた分だけで、あっさりお腹いっぱいになってしまったんですけどね…。

ヒヨコ豆を使った料理が中心ですが、コリアンダーやシナモンなどのスパイスがふんだんに使われていて、飽きずにとっても美味しくいただけました。全体的にはトルコ料理に近いかな。人種・宗教が違っても美味しいものに国境はないですね!

お勧め:
世界料理初級者向け

テーマ:世界料理めぐり

ペルシャ料理:
ペルシャン・ダルビッシュ
☞池袋


池袋を少し離れたところにひっそりと佇む。ペルシャ(イラン)料理のお店
ペルシャン・ダルビッシュをご紹介。

ペルシャ絨毯が敷き詰められたエキゾチックな店内。椅子はなく絨毯の上にじかに座るペルシャスタイル。


こちらはペルシャ古典楽器のサントゥールとネイ(笛)。店主のハミッド氏はペルシャ古典楽器の奏者・歌手(サッカーの国際試合で国歌斉唱もしたとか!)。で、すばらしい演奏を聴かせてくれます。


ほの暗い店内に神秘的な灯りは、どこか遠い国に来たよう。ドリンクはリム(レモンとライムのミックス風味)サワーとざくろサワー。


前菜はヤギのチーズ(右)が出色、濃厚なお味です。


シーラズィサラダとポテトサラダ。シーラーズィサラダはリムドレッシングのサラダ。ポテトは甘くなくすっきりして非常においしい。


ケバブの盛り合わせです。ペルシャ料理はどちらかというとシンプルな味付け。


魚に見えるでしょうか?ペルシャ語で魚はマヒと言うそうですが、魚の取れない地方で羊の肉の一部を魚に見立てて食べるお祝い料理だそうです。珍しいメニューということらしいです。

バスマティ(長粒)米に柔らかい肉と肉汁があっていてとっても美味しい。

店内にはイランの本も沢山あり、店主のハミッド氏がイランについて熱く語ってくださるので、お料理の味もあいまってあなたもイランに行きたくなるかも?

雰囲気的には最高のお店なので皆さんもぜひ行ってみて下さい。

お勧め:
世界料理中級者向け

テーマ:世界料理めぐり

スリランカ料理:
コートロッジ
☞新宿
(閉店)


今日はスリランカ料理店、新宿の「コートロッジ」です。

英国調のおしゃれな店内。


セブリライスはナッツとレーズンで炊いたサフランライス。若干甘めのつくりで辛いカレーにあいます。


マトンカレーはほどほどの辛さ。最初はあまり辛さを感じないのですが、じわじわきます。


ゴタンバロティはゴタンバ(スリランカのナン、やわらかい)の中にジャガイモやひき肉など、カレー味の具が入っていて、チリソースやマンゴーチャツネをつけていただきます。

なんか味が想像しにくいですが、非常に美味しい

スリランカの味つけは、インドより甘さ辛さがはっきりしているようです。甘さといってもあまりくどくなくさっぱりしてるので、食事に甘いものなんて…という方にもオススメ!

リーズナブルなお店ですが、メニューによっては量は多い事があるのでそのあたりお腹をすかしておくといいかも

お勧め:
世界料理初心者向け

テーマ:世界料理めぐり

パレスチナ料理:ALMINA

almina1.jpg
神田にあるパレスチナ料理の店「ALMINA」です。

タイベビールはパレスチナのタイベ村で作られるビール。
almina2.jpg
すっきりした飲み心地です。

ハルミサラダは大きいハルミチーズがごろごろ。
almina3.jpg
ハルミチーズは山羊のミルクで作ったチーズでくせはありますが味は濃厚で美味しい

マフトゥールはパレスチナの大粒クスクスのこと。
almina4.jpg
このマフトゥールにハーフローストチキンを合わせた料理がこれ。
マフトゥールは面白い噛みごたえです。

マンサフはラムのシチューにヨーグルトソース。

ジャミードというヨーグルトソースがちょっと変わった味です。
好き嫌いが分かれそう。

パレスチナ料理と聞くと???、という感じかもしれませんが、
基本は中東アラブ系のお料理ですね(ケバブもありますし)
味は日本人向けよりは、本格的な味と感じました。
ケバブなど食べやすい料理もありますので是非一度食べてみてください。

お勧め:
世界料理上級者向け

テーマ:世界料理めぐり
 

| 1/1PAGES |